ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.09.10 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.09.09 Thursday

ありがとうございました


 
8月27日に、豊橋にある まさしくんの病院へ

「世界にたった一冊の本」を届けてきました。




少し緊張していたまさしくんも、次第に打ち解け

最後にはせんちゃんと笑って遊んでいました。


お母さんのみっちゃんも、とてもとてもステキ

な方でした。



みなさんからの心のこもったメッセージは

見た目以上にずっしり重く、みなさんの

想いはまさしくんの心に届きました。




愛に満ち溢れたまさしくんのお部屋に

またひとつ、大きな愛が加わりました。




当日の様子をせんちゃんが

ブログにアップしてくれました。

ご覧いただけたら嬉しいです。

http://ameblo.jp/yume-ouen-senda/entry-10643155040.html




私はこの度、まさしくんへ贈る本の製作および

ブログの管理をさせて頂いたエムと申します。

みなさんの応援メッセージやまさしくんに触れて

私自身がすごく元気になってしましました。



本当にありがとうございました。






2010.08.01 Sunday

「ありがとうございます!」


 「ありがとうございます!」


ある方から連絡がありました。

『将くん、すごいね〜 メッセージ1000越えたよ。凄いよ!感動だよ!!』

鳥肌が立ちました。

皆さんの<本気さ>に、
皆さんの<繋がり>に、
皆さんの【夢が叶った】ことに!

将がすごいのではなく、皆さんが、皆さんの繋がりが、1人1人の繋がりが、気持
ちが素晴らしいのです!!

将が1000人と繋がっているのではなく、メッセージいただいた方、皆さんが1000
人と繋がっているのです。

いや、すでに繋がっていたものが、今回、メッセージという形で目に見えたので
すね。


もぅ何て言ったら良いのか正直わかりません。

この素晴らしい、最高の繋がりの仲間に入れて頂いたと言うだけで、感慨無量と
いうか……ごめんなさい。言葉が出ません。


今回、将に向けて、また私たち家族に、暖かな、力強いたくさんのメッセージを
いただきましたが、将だけが特別ではありません。

難病と向き合っている方たちはたくさんいらっしゃいます。

私たちを通して たくさんの、頑張っている、頑張り続けている方々、また支え
ていらっしゃる方々へのメッセージだと受け取らさせてください。

今回、皆さんを代表して 、将が受け取らさせていただきます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

本当に ありがとうございます。


これからも、皆さんの気持ち、メッセージを胸に、1日1日を今まで以上に大切
に、感謝して過ごしていきます。


最高に幸せな家族より
胸イッパイの 感謝と愛を込めて!!

皆さん、本当に ありがとうございます!!!!

これからも ずっと ずっと 繋がり続けて下さい!

よろしくお願いいたします

将の母 朝倉 三恵


2010.07.31 Saturday

「世界中のおとなたちより」


まさしくん
であってくれてほんとうにありがとう。

まさしくんがいてくれたおかげで
こんなにもたくさんのひとが
まさしくんを「おうえん」することでであえました。
1703にんがであえたんだよ。

ひとは「おうえん」すると「げんき」になります。

まさしくんを「げんき」にするために
「みんな」がこころからのメッセージをおくってくれました。
ひとつひとつこころをこめておくってくれました。

まさしくんを「げんき」にするためだったのに
きづいたら「みんな」が「げんき」になっちゃいました(笑)

まさしくんが「かっこよく」いきているすがたに
「みんな」が「げんき」をもらったんだよ。

ほんとうに
ほんとうに
ほんとうに

ありがとう。

まさしくん・・・
これからも、ずっと「ともだち」でいようね。

まさしくんのことが「めちゃくちゃ、だいすきだ〜〜〜!!!

2010.07.24 Saturday

まさし君に贈る「世界にたった1冊の本」

 親愛なる皆さんへ



今、どうしても応援したい男の子がいます。

その子の名前は「まさし君」。

大親友である澤登和夫さん(さわとん)からのメールを見て、
居ても立っても居られなくなりました。


ドリームプラン・プレゼンテーション2008で感動大賞を頂いたプロジェクト
「世界にたった一冊の本」を「まさし君」に贈りたい。

応援メッセージは、このブログの一番下のコメント欄に
ご投稿ください。
コメントがそのまま原稿となります。




大好きな皆さんの温かい応援メッセージを「まさし君」に贈りたい。
今回の目標メッセージは1000人を目指しています。


以下、さわとんがみんなに宛てたメールの抜粋です。

***************************

まさし君とは、昨年の12月に初めて会いました。
何かサポートできればと思って愛知県豊橋まで車で行ってきました。
そしたら、逆に元気をもらってかえってきました。
応援ってそんなことかもしれませんね。


それ以降、10回くらい会ったかな。
病状は少しずつ進行しています。
今現在も、感染症などにかかってはいけないので、
一般の人は面会できない状態にあります。


昨日もお母さんのみっちゃんとお電話しました。
まさし君は40度の熱が続く中、
弱音を吐かずに、「大丈夫」って言っているそうです



まさし君が大切にしているもの、それは「夢」です。
夢っていっても大きな夢ではありません。
だれもが夢とも思わないかもしれない、
当たり前の夢をひとつひとつかなえてきています。


「小学生になってランドセルで学校に行く」

「チューリップが咲いたから、今度は夏にひまわりを見る」

「イルカにえさをあげる」

「また、ぶた(さわとん)に会いたい」


こんな夢を、お母さんのみっちゃんはもちろん、
色々な人の力を借りながらひとつひとつかなえてきています。


まさし君やみっちゃんから教えてもらっているものは数知れないですが
一番大きいのは、この「夢」


ぼくはこんなことを感じました。


『「夢」はみんなが思うから夢ではない。

自分が、こころからやりたいことが「夢」

それをかなえたいという気持ちが

人を感動させる。

人を動かす。

人を本気にする』


こんなことを、6歳の少年から教えてもらっています。


もし、8分お時間取れるなら、
小児がんのまさし君が、末期の肝臓がんの佐藤一志さんに届けた
「本気のお見舞い」のムービーご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=iQSFUuuD5v8

ぼくが映像編集しました。
何か感じていただけると思います。

さらに8分お時間ありましたら、「まさし君の卒園式」のムービー

http://www.youtube.com/watch?v=YoHdHWr9H3s

もしお時間がありましたらご覧ください。


最後に、、、お母さんのみっちゃんと先日お電話してました。

「せんちゃんって、夢を本気で応援されている方なんだよねぇ
  いつか、会えたら嬉しいなぁ」

こんなみっちゃんの夢も一緒にかなえられたら嬉しいです。
せんちゃん、力を貸してください。


澤登和夫(さわとん)


***************************


電話でさわとんにお願いをしました。

「まさし君を応援させて下さい!」

何だか、感謝しか感じられなくて涙が出てきました。


まさし君に「世界にたった一冊の本」を贈ることを決めました。



まさし君の今の夢。

それは

1.(退院して)お家に帰ること

2.お母さんにお料理を作ること



皆さんからの心のこもった「応援メッセージ」
その想いを一冊の本にして、まさし君にお渡ししてきます。
応援宜しくお願い致します!


募集期間は、7月24日〜31日の一週間
目標メッセージ数・・・1000人


このプロジェクトは、関わったすべての人を元気にする。
そう信じています。


まさし君のひとつひとつの夢の実現に温かい応援の心をお寄せ下さい。


宜しくお願い致します!



2010年7月24日「世界にたった一冊の本」発起人 千田利幸


*********************
お母さんの涙が大嫌いなまさし君のため
傍らで笑顔で頑張っているお母さんのみっちゃん。

さわとんが立ちあげた みっちゃんブログも
是非お読みくださいね。
http://ameblo.jp/aichinomicchan/
*********************




























Powered by
30days Album
PR